頭金なし、貯金もなしで家を買うって!?令和になって家を衝動買いした話

Advertisements
家を買う ライフ
Advertisements

こんにちは!すーこです!

家を買う、というのは一生の間でそう何回もない大きな買い物ですよね。

戸建にするのか、マンションにするのか。
注文住宅をいちからつくるのか。建売を買うのか…
新築なのか、中古なのか。

いろんな選択肢があると思います。

我が家では、前回の主人の休暇中に、家を衝動買い(!!!)してしまいました。

はっきり言って計画性ゼロです。(ちーん)

頭金もなければ、諸費用だって払えない…そんな状況で

まさか家を買うなんて思っていませんでした。

これはそのときの記録。

まぁ、まずあんまりないパターンだと思いますが…
こんなパターンもあるよっていう…ひとつの事例として!

もっとこうすればよかった、という点。

そしてこれから家を買う方の、なにかしら参考になればいいなと思います!

Advertisements

すーこ一家のスペック

・主人29歳。船員で家に常駐していない
・7.5.3歳の子供たち
・末子が待機児童のため在宅ワークのすーこ
・2018.3主人の実家の離島より本土に引っ越してきた(私のわがまま)
・賃貸アパート住まい(家賃9万9千円)
・貯金ほぼなし
(私の貯金は引っ越しのときに全て使用)
(主人の座右の銘「宵越しの金はもたない」)

これまでの経緯

離島に義母と同居で暮らしていた私。
いろいろと限界のため、(限界内容はこの記事では割愛w詳しく)こつこつ貯めたヘソクリを使って、人生をかけた一世一代の引っ越しを決断。
主人は船員なので職場は船です。
職場が固定されていないので、引っ越し先はどこでもよかったのです。
私は実家のある茨城周辺が良かったけど、主人が頑なに都内がいいと主張したため、ほとんどゆかりのない都内に越してきました。
いつかはマイホームを持ちたいなと思ってはいたけれど、蓄えもないしまだ先の話かな?なんて
まずホームベースを作って地に根を張ろうということで、引っ越し先の賃貸物件で地域を楽しみながら一年が経ちました。

なぜ不動産やさんへ内見に行ったか

引っ越した当初から、アパートにずーーーっと営業にきてくれていた某不動産会社のAさん。
住宅購入は今すぐの話じゃないし、まずは気軽に、1度当社の物件を見にきてください!と言われ続けていたけど、主人がいないと意味ないので…と断っていました。
主人もいつかは家がほしいと思っていたようですが、あまりピンときていなかった模様。主人が休暇になっても、不動産見に行く…とかあまり乗り気じゃなく(他にやりたいことたくさんあったので)
Aさんのゴリ押しによりいざアポをとっても、インフルエンザになったり熱を出したりしてアポ2度ほどキャンセル。
そうこうしているうちに1年が経ちましたww

それでも折れずに営業にきてくれたAさん。
さすがに、連続でドタキャンしてしまったことに罪悪感を感じ、次こそはなんとか行こう…と主人。

実際のところ・・・

私としては、すぐ買わないにしても、いずれ買う住宅がどんなもんか、どんな感じにお金が流れるか話をききたかったのです。
そうすれば主人の将来のイメージがはっきりするかなという目的がありました。
賃貸の更新手数料がもったいないなぁと思っていたけど、一度は更新して、次のターン中に住宅購入できたらいいなと思っていました。

すーこ
すーこ
ほんとに、下心なんもなかったのよ

家の衝動買い

2019年。
10連休のゴールデンウィークが開けた5/10のこと。
やっと都合があって主人と一緒にAさんの不動産会社へ内見&話を聞きに行けました。

支払いのお話を聞く

まず、Aさんと部長さんが対応してくれ、去年の源泉徴収票を見ながら、どれくらいのローンが組めて、どれくらいの物件が買えるのか話されました。
そこで部長さんが源泉見ながらやたら
「旦那さん、若いのにお力があるので、ぜひ資産をお持ちになるべきかと思います」

と乗せてきましたw
自分よりかなり年上、そして地位のある方にたくさん褒められた主人。
劣等感が強くプライドが高い主人としては、
「お力があります」というキラーワードに、単純にめちゃくちゃいい気分になったようで一気にその気に!(まだ家見てない)

内見に行きました

まず最初に、我が家でも支払いが可能な物件の中で、Aさんの1番おすすめな物件を見せてくれました。
まだ出来上がってない、建築途中の物件です。
まだ養生も外されていないその家に、主人は一目惚れ。

「俺の稼ぎでこんな家が買えるのか…!」
と、主人の脳内に、一気にマイホームドリームが広がったようです。

そのあと、3軒ほど物件を見せてもらったけれど、1軒目にビビッときた主人。

すーこ「どの家も素敵だけど、これはまぁ、今後の参考にしようね。」
と主人に話すも、

主人「うん。今買おうぜ」

はあああああーーーーーい??(д)

と、私が1番驚きました。

すーこ「いやいやちょっと待って!
私だってあの家超いいと思ったけどすぐには無理じゃない?貯金ないし、頭金もなければ諸費用も払えないし、家とか一生に一度の買い物かもしれないんだから、もっといろいろ見たり調べたりしたほうがいいでしょ!」

主人「いや、勢いとタイミングと直感大事よ」

実際、この辺の新築物件ってすぐ買い手が決まってしまうようで。
悩んでいるうちに別の人が買ってしまったり、以後また作られるといっても、こんな気にいる物件がほかに現れるかといったらわからない…

直感を信じて生きてきた主人(私と結婚したのも直感だったらしいw)

旦那のいうことも一理あるけど…
ちょっと考えなしすぎて、この人こわい!!!ω`)

そんな話をAさんとも話して、もし買うとしたらの今後の流れを聞きました。

主人は6/1には仕事に行ってしまうので、もし買うとなれば、ローンの審査やらなにやら、家の引き渡しやら、あわよくば引っ越しまで、超超超特急じゃないと主人のいるうちに手続きが踏めない!ということになり…

あまり現実的ではないな、と私。さすがに半月で住宅購入は無理でしょ…と。

その日金曜日ということもあり、週明けにお返事、前向きに検討しますと不動産会社を後にしました。

次の日。募る想い

一晩で周辺の物件や住宅購入の知識を詰め込む私。
こんなに展開早いと思っていなかったから知識が全くなく状況に追いつかない・・・

大損しかねないので、必死でいろいろ検索しました。

一方主人は、もう新しい家の家具の配置や自分の部屋の構造を考えてニヤニヤしている…

こいつマジなのか????( ゚д゚)
住宅展示場にもろくにいったことないのに…
てか、建売でいいのんか?
オーダーメイドとか興味ないんか?

と…とりあえず、とりあえず他にも家見に行ってみよう!と土曜日、周辺の別会社のオープンハウスを10軒くらい、しらみつぶしに見て回りました。

良さげなお家はあっても、設備も微妙で、(網戸やカーテンレールが後付けなのね)やはり1軒目に勝る家はなく。
むしろいろいろ見たからなおさら1軒目に思いが募る…

その日の夕方、Aさんに連絡して、今度は子供たちも一緒に1軒目を見せてもらうことにしました。

ロフトがあるそのお家を、子供たちは秘密基地だ!といって大変気に入り、主人気持ちもさらに固まったようです。

妻の悩み

家族はノリノリだが、お金の面で大変不安があった私。

何度も言うけど今すぐ住宅を買うなんて毛頭にもなかったから、貯金もなければ頭金すらない。
船員だから一応稼ぎはあるし、源泉徴収的にはローンが組めるかもしれない。
でも義母への仕送りもあるので、家計には全然余裕がない!
来年になれば私も外で働けるし、主人の給料も安定するからいいけど…今はキツイ。

私は日曜日、Aさんにこっそり、主人は家を買う気でいるけど、家計のやりくりについて大変不安があるということ、その不安があるから私としては決めかねていることを、長文ラインで送りました。

すると、Aさんは直接家に来てくれて、頭金などは全てローンに組み込めるし、明日部長と物件の値段交渉をして、値引き分を現金で手元に残す作戦にしましょう!と提案してくれました。
うまくいけば50万くらいは値引きできるかもしれません、と。
値引きがうまくいけば当面の不安はなくなるなと、私も心を決めることにしました。

Aさんとのやりとりも不動産会社の対応も、全て「買わせるため」の常套手段というのもわかっています。
しかし、いつも誠意を持って対応してくれる(と感じる)Aさんを信用することにしました。

週明けのお返事

そんなこんなで、週明けの13日。
正式に「買いたいです」と返事をして、値引き交渉で50万円引いてくれることになりました。

そして小額ですが手付金を払い・・・
不動産会社と取引のあるりそな銀行と三井住友銀行にローンの仮審査を出します。と言われ、お任せしました。

銀行のローンが通らなければ、フラット35などに切り替えます、と言われましたが、いかんせん時間がありません。。
ローンがすんなり通ったとしても、首尾よく段取っていかないと、引き渡しの時に主人が居なかったら全てパーですからね…

家も出来上がってないので、そちらも急ぎで仕上げてもらうことになりました。

そのあと踏んだステップ

ろくに計画もたてず、買うつもりもないのに、とりあえず家を見にいって、買うと決めるまで3日間。(主人的にはほぼ即決です)

立派な衝動買いと言えそうなもんです。。

すーこ
すーこ
なんかもういろいろこわい・・・

ローンを組む銀行を決める

その週に、仮審査に出した銀行、ふたつとも「ローンが通ります」とお返事をもらえたので、どちらの銀行にするか決めてください、と言われました。

ローンの利率はどちらもほぼ変わらずでしたが、団信(団体信用生命保険/住宅ローンを借りた人に何かあった場合、金融機関が残った住宅ローンを支払ってくれるというもの)が手厚いのはりそな銀行だったので、そっちがいいんじゃない?と主人に言ったら

主人「いや、俺は三井住友がいい」

と完全にネームバリュー?と自分の好みで決定。
もともと自分ちのメインで使ってる銀行だったので都合がよかったのもあるけど…

賃貸の退去の申し出

ローンが通るでしょう、と回答をもらってから、賃貸アパートの退去の申し出。
不動産会社のローン担当Bさんに、98%引渡しまで行けますよ、と言われてからの行動です。
退去だって一度言ったら取り消せないけど、もし住宅購入うまくいかなかったら我々住むところなくなるわ(笑)
同時に光熱費や賃貸の損害保険の解約の手続き、新居の住所がわかってから開通手続きなどしました。

ローンを組みに主人がローンセンターへ

5/20、主人がBさんとローンセンターへいき、いろいろ書類を書いてきました。

住宅保険を申し込む

保険屋さんで働いている友達に、火災保険と地震保険をお願いしました。
時間もなかったしドタバタすぎていろいろと調べるガッツがなく、これも友達にお任せしちゃった(^_^;)

ローンセンターで登記、最終的なローン申込み

5/27、私も一緒にローンセンターへ出向き、いろいろ話を聞いて団信の申し込みなどもしてきました。
登記するのに?司法書士さんとかもきてたけど、正直なにがなんだかわからず…全てお任せしました。
(諸費用もローンに含めてもらい、Bさんにお任せしたので登記手数料などお金的なところはよくわかりません!利率が少し上がったようです。)

実行、引き渡し!!!

そして5/30、銀行から主人の口座に現金が振り込まれ→それをまるまる不動産会社に振込み…
支払い完了!!

引き渡しとなりました。

そこから、自分たちで軽トラを借りて引っ越しを行い、主人と私2人で引っ越し作業!
末子は一時保育へw

2階リビングなので、冷蔵庫などの大物だけはクレーン搬入を頼みましたが(また別記事にしようこれは)
ほんとーーーーーーに疲れた。
冷蔵庫重すぎた…

で、6/2主人は仕事へ…(笑)

なんですかねこのドタバタは。

引越し作業とか記憶がほぼないw冷蔵庫が重過ぎたことは覚えてる・・・(白目)

※上記の間に3回くらい区役所にいって住民票とったり印鑑証明とったり課税証明書とったり住所変更したりしましたが、全部Bさんが段取りしてくれたのでスムーズに事が運びました。

こうしておけばよかった点

ぶっちゃけこの記事書いてる時点で、まだ一回もローンの支払いしてないので…
今後生活大丈夫なのか?この住宅購入が正解だったのか?はまだわかりませんwwwwww

家買ってから、去年の倍ほどになった住民税きたのでちょっと笑いました( ;∀;)

ただ、タイミングだけはいろいろ合ったのでよかったかなと思います。

私、早く働きたい…

頭金とかの貯金は、やっぱりあるべきだった

どんな本やコラム読んでも、頭金はあるべきだと推奨してます。
頭金も諸費用もないってことは銀行の信用ポイントが下がるので、ローンの利率が上がるらしい。
それにローン組めても、やっぱり後がきつくなりますよねー。
これから固定資産税も毎年くるし…

こういうの読んで勉強する時間もほしかった・・・(いずれ家買う気があるなら普段から読むべきだった)

あ、でも無謀に買っちゃってからこういうの読むといろいろこわくなるから・・・(泣)

我が家の場合、私が働ける来年から貯金始めたとしても、何百万貯まるのなんてかなり先になっちゃうから…
主人が若いうちに頭金なしでローン組むのもひとつだったのかな(と、自分を納得させる)

独身の時に遊びすぎて貯金してこなかったことを後悔(これまじ)

ローン組む銀行の選択

ローン組む銀行決まってから、ネット銀行や信金などの住宅ローンが利息安くていい!という本読みましたw
ずいぶん利率が違うようで…メガバンクがいい!!わけでは全然ないみたい。
知識がないってこわい(笑)
できるなら自分たちでローン会社決めて、審査やら申し込みやらしたらよかったのかも。

ただ、我が家の場合は自分たちで全部やる時間はまずなかったから、全部不動産会社にお任せしてよかったかなと。
主人の休暇が1ヶ月まるまるあってもたぶん無理と思います…

建売でよかったのか?

引っ越して半月が経ちましたが、すごくイイですねー新築。
引っ越す前の賃貸も築2年の築浅だったので、設備も新しく住みやすかったけど

さらにイイですね新居は。

今のところ使いにくい、これは不便、と思うことはないです。
純正の食洗機だけは、使い慣れないのでまだよくわかりませんw
リビング2階っていうのが年取ったらネックになるかもですが、それはそのとき考えるとして。日当たりが良くてすごく気持ちが良いです。
私自身壁紙とか設備に強いこだわりがないので、今のところ特に後悔はありません。
(離島にいたときは築80年の平屋に住んでいたので、もう全てが素晴らしく見えます)

手抜き工事とかもまだわからないよね。
なんか欠陥があったら、不動産会社のアフターサービスがあるみたいなので、あまり気にしてません。今のところ。

(´-`).。oO(そもそも船員の主人が、注文住宅オーダーしている時間がない気がする…

テレビの手配は失敗しました

私と主人が携帯のキャリアがソフトバンクなので、ネットはソフトバンク光にしようということになりました。工事日が6月下旬なので、それまでつなぎでsoftbank Airを送ってくれました。

それに加えてテレビもつけてもらおうと思って電話で後付けをお願いしたら、工事日がさらに延びてなんと7月中旬にww

テレビのこと頭になかったので・・・もっとはやく行動しておけばよかった。

それまでテレビなしです・・・

普段そんなにテレビ見ないんだけど、ないと不便ね・・・

この地に根をはることにしました

以上が、我が家の住宅衝動買いの詳細です。

晴れて(?)令和の家に住むことになった我が家。

まーーー、文に起こしたらまぁまぁとんでもないですねw
でもここが、子供たちの実家になるし、「自分ち」として住めると思うと、やっぱり嬉しいです!
賃貸のときみたく家賃払い損とも思わないし、地に足つく感じが良い…!

この記事読んで、無計画さにドン引きする人もいるかもしれませんが、「うわ、こんな人もいるんだ(笑)」くらいに思ってもらえたら幸いです♬

住んでいく中で、失敗した!!って思うことがあったら追記していきます(*´-`)

そんなことにならないようにしっかりやりくりしていくね!

↑これどうしてもやりたかったやつらしいw

余談ですが

実は私の実家も家の建て替えをしており、長男夫婦と両親の二世帯住宅になるのですが
なんと引き渡しの日が5/30で偶然にも同じ日でしたwwwww

実家の方は注文住宅で、去年半年くらいかけて打ち合わせをして、2019年1月末から解体、建築し、5月末に引き渡しです。

この差よ!!笑笑

コメント